レーシック手術で元の視力を取り戻す|EYEのあるライフ

EYECON

手術費用について

レーシックの治療方法とは

OK/NG

レーシックは視力(近視)の矯正手術のことで、治療の概略は、次の通りです。まず、目の角膜の表面を(イントラレーザーなどの)特殊なレーザーあるいは専門の(かんなのようなマイクロケラトームという)器具で薄く剥がしてめくり上げます。次に別の種類(エキシマ)レーザーで、めくり上げた下の角膜を視力が矯正できるように削ります。最後に表面のめくってある角膜をかぶせて終わります。 このレーシック治療は、1990年代のアメリカで行われるようになったことから、日本でも2000年に入った頃から流行りだしました。基本的には、レーシックは近視の矯正のために行われますが、類似のものに老眼などの矯正をするものもあります。また、角膜の厚みがないなどでレーシックができない人のためにラゼック等の治療法もあります。

費用はどのくらいかかるの

レーシック治療を行なっているのは眼科医院ですが、同じ医院でも複数のメニューが取り揃えられているのが普通です。一番安い方法は、角膜の表面を剥がす時に専用の器具(マイクロケラトーム)を使うもので、視力矯正に普通のエキシマレーザーを使うと両眼で10万円以下が多いでしょう。他には、この角膜の表面をイントラレーザーなど特殊なレーザー機器を使って剥がす方法がありますが、これで、15万円から20万円程度でしょう。 表面をめくった後のエキシマレーザーを使って視力矯正のために角膜を削るところで、より高価な機器を使うと費用も高くなります。これは、レーザー機器の購入代金もさることながらメンテナンス代も高額だからです。 他の治療では、老眼の矯正や特殊なものでは、30万円から50万円するメニューもあります。