レーシック手術で元の視力を取り戻す|EYEのあるライフ

EYECON

レーシック治療について

それを利用するには

目のためにもただし知識を

レーシックは、視力矯正の方法でめがね、コンタクトレンズに並ぶ治療方法となります。そんなレーシックは、感染症やトラブルなどが新聞やテレビで賑わったこともあり、レーシックはネガティヴにとらわれてしまうようになりました。そうならないために現在では、レーシックを行っている眼科は、治療の安全性や感染症予防に対する取り組み、そして、レーシックのメリット、デメリットをしっかり説明することで信頼を得るように取り組んでいます。また、治療に関わる費用は、保険適応外となるため全額自己負担となります。そのため、最初にしっかりと価格を提示することで患者に不信感などを与えないようにしています。このように様々な医師の努力によって治療は行われています。

そんなレーシック治療を受けるためにはどうすれば良いのでしょうか。まず、一番重要なものは、眼科選びです。広告などに惑わされないで自分の目でしっかりと眼科を探し、カウンセリングを行って選ぶことが大切です。また、選ぶ基準として、レーシック手術の実績のある眼科医を選ぶことが大切です。また、視力矯正をどれくらいの視力にしたいのか、なぜ、その視力が必要なのか、どのような治療を行っていくのかなど、長い時間かけて検査やカウンセリングを行ってくれる眼科医を選ぶことが大切です。カウンセリングが短時間ですぐに手術を勧めるような眼科医の病院は避けたほうが後々のトラブルや術後のケアなど不安があるため、他の病院を探すことを検討することも大切です。