レーシック手術で元の視力を取り戻す|EYEのあるライフ

EYECON

視力で悩む多くの

術前に適正検査が必要です

看護師

レーシック手術を受ける方法として一番最初に必要なのは、医師とのカウンセリングと適応検査を受ける事です。レーシックは、多くの方が受ける事が出来ますが、稀に適応出来ない方もいらっしゃいます。そういった方がこの治療を受けてしまった場合、手術後に何らかの後遺症をもたらしてしまう可能性があります。そういった事がないよう、予めしっかりと医師と相談し、適応検査を受ける事が重要です。 レーシックを受ける事が出来るかどうか検査を行った後に、手術前日までの日常生活についての説明を受けます。そして手術当日、術前検査を行い、レーシックを進めていきます。この治療は、手術の方法は同じでもそれぞれのクリニックによって多少異なります。費用やアフターケアや保証内容等、予めしっかりと説明を聞き、理解してから手術を進めていく事が大切です。

安全性が高まりました

レーシックを受ける方は年々増加しており、若い世代から年配の方までが治療を受けられています。その理由として挙げられるのは、費用が過去よりも安くなった事、安全性が高い事、半永久的に裸眼で生活することが出来るようになる事です。 レーシック治療が日本で承認された当時は、ある程度の安全性は認められていたものの、症例数が少なく、少し手の届かない治療法とされていました。しかし、承認されてかなりの年月が経過し、その間にもより高度な機器が導入されるようになりました。さらに過去に手術を受けた人の経過等も多く知る事が出来るようになり、人々の中にレーシックの安全性が確立されていきました。さらに費用も保険適用ではないものの、以前に比べれば高額ではなくなりました。そのため、見えづらいという事で悩まされてきた方にとっては、救いの治療法となったのです。